For all to live out
their lives with dignity

SCROLL
VISION

VISION すべての人が、
納得して生きて、
最期を迎えられる世界を。

わたしたちは、テクノロジーと仕組みで医療の可能性を広げていきます。
データやテクノロジーを活用していくことで、
いつ、どこにいても、自分に最適で質の高い医療を受けられるようになる。
仕組みを整えていくことで、
病気になる前も、なった後も、自分らしい生き方を選べるようになる。
医療にまつわる選択肢をふやすことで、
人生の最期に「こんなはずじゃなかった」と感じる人をなくしたい。
すべての人が納得して生きて、最期を迎えられる。
そんな世界を作っていきます。

NEWS

NEWS 最新情報

NEWS NEWS NEWS
SERVICE
TEAM

TEAM [医療×テクノロジー]
両分野のトッププレイヤーが集結

原 聖吾 Seigo Hara 代表取締役CEO(医師)

東京大学医学部卒、マッキンゼーを経て、当社を創業。医師。
厚生労働省「保健医療2035」事務局にて、2035年の日本における医療政策についての提言策定に従事した。横浜市立大学医学部非常勤講師。スタンフォードMBA。

MANAGEMENT

  • 徐 マリア Maria Seo

    CFO /Insurance/Corporate

    ゴールドマン・サックス証券(投資銀行部門)を経てMICINに参画。ゴールドマン・サックス証券では、M&Aや資金調達に携わり、主にヘルスケア(製薬、医療機器メーカー)やライフサイエンス(化学)、生命保険などの業界を担当した。東京大学大学院薬学系研究科修了。

  • 高久聡子 Satoko Takaku

    HumanResources&GeneralAffairs

    株式会社リブセンス執行役員を経て、MICINに入社。ITベンチャー企業で広告事業部門の責任者として営業・アライアンス・商品企画等に従事した後、人事職にキャリアチェンジ。複数企業で人事総務部門の責任者として上場前後の体制整備や組織人事施策をリードした。上智大学文学部卒。

  • 秋島 健一 Kenichi Akishima

    DataSolution

    ボストンコンサルティンググループ(BCG)、Dell、Amazonを経て参画。BCGではプロジェクトマネージャーとして、ハイテク・ヘルスケア・投資ファンドを中心に活動。Amazonでは金融系サービスの事業責任者として、機械学習やアナリティクスを活用した分析やプロダクトマネジメント、事業構築を牽引。慶應義塾大学経済学部卒。

  • 草間 亮一 Ryoichi Kusama

    Medical DX

    2012年にマッキンゼー東京支社に入社。1年間のニュージャージー支社勤務を経てMICINの創業メンバーに。マッキンゼーでは主に製薬や医療機器など、ヘルスケア分野を担当。戦略立案だけでなく、IoT等のデジタルツールを用いたbeyond the pillの取組など、幅広いプロジェクトを経験。京都大学大学院工学研究科卒。

  • 坂本 伸太郎 Shintaro Sakamoto

    InformationSecurity

    アイペット損害保険を経てMICINに参画。金融機関向けのシステム開発・運用でキャリアをスタートした後、金融機関に移り、Webサービス企画部門の責任者を務める傍らで、当局対応含むサイバーセキュリティ管理体制整備や上場準備に関する情報システム対応をリードした。九州大学大学院工学府修了。

  • 塩浜 龍志 Ryushi Shiohama

    Engineering&Design

    バークレイズ証券においてアルゴリズムトレーディングや債券トレーディングに関するシステムの開発や運用、保守等を担当した後にMICINを共同創業。中学時代からプログラミングを始め、大学在学中に複数の企業の創業に技術責任者として携わり、サービス立ち上げをリードした。早稲田大学大学院基幹理工学術院情報学専攻修了。

  • 土屋 大輔 Daisuke Tsuchiya

    Marketing

    読売広告社、ソフトバンク、DeNAと総合広告代理店、事業会社双方でのマーケティング経験を経て、MICINに参画。ソフトバンクでは犬のお父さんシリーズを草創期から担当。DeNAではマーケティングコミュニケーションの部門責任者として、全事業領域のオフラインマーケティングを統括。ACC賞をはじめ各種広告賞を多数受賞。

  • 花舘 忠篤 Tadaatsu Hanadate

    DigitalTherapeutics

    アステラス製薬株式会社を経てMICINに参画。アステラス製薬では、複数疾患領域にて創薬研究に従事した後、予防、診断からデジタルセラピューティクスなどの新規事業開発やアライアンスマネジメントに携わり、複数事業をリードした。東北大学大学院農学博士。

SUPPORT

  • 黒川 清 Kiyoshi Kurokawa

    日本医療政策機構代表理事
    東京大学医学部名誉教授

    世界の行方は極めて不確実な時代へ向かうなか、日本の経済はこの20年も成長しない中で、世界最先端の高齢社会になり、疾病構造も大きく変化しました。今まさに、従来型の医療から、デジタル技術等を活用した医療への変化が必要とされています。オンライン診療やAIを活用したMICINの取り組みが、大きな成果に繋がることを期待しています。

  • 松尾 豊 Yutaka Matsuo

    東京大学大学院工学系研究科
    技術経営戦略学専攻特任教授

    人工知能の医療への活用は、1960年代から研究者の夢でしたが、これまで知識処理の難しさによって十分に進んできませんでした。 近年では、さまざまな形でデータが取れるようになり、深層学習を中心とする新しい技術も急速に伸び、また、スマホをはじめとして多くの人の情報環境も整ってきました。まさに機は熟したと言えるでしょう。 MICINには、医療の専門家と深層学習を深く理解しているチームがうまく融合しており、社会に対して大きなインパクトを出してくれることと期待しています。

MICIN公式note
COMPANY

COMPANY 会社概要

会社名
株式会社MICIN(マイシン)
所在地
〒100-0004
東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル13階 [MAP]
電話番号
03-4577-9060(代表)
設立
2015年11月26日
資本金
1億円
(2020年12月末現在)
代表者名
代表取締役 原 聖吾
事業内容
オンライン医療事業
臨床開発デジタルソリューション事業
デジタルセラピューティクス事業
保険事業 等
社名の由来
MICINは、スタンフォード大学で1970年代に作られた医療人工知能 “Mycin” のオマージュで名付けられました。伝染性の血液疾患を診断し、抗生物質を推奨するアルゴリズムであるMycinは、専門医には及ばないものの、一般的な医師よりは高い診断結果を誇ったとされています。MICINは「すべての人が、納得して生きて、最期を迎えられる世界」の実現に貢献していきます。医療情報(Medical Information)の有効活用で、テクノロジーを進化させ、医療現場で当たり前に使われるものにしていく。Medical Informationの頭文字、MIとMycinを組み合わせ生まれたMICINは、2015年の創業から、ビジョンの実現に向け邁進しています。
CONTACT