NEWS 最新情報

  • 2020.12.23その他サービス等

    MICINと東北大学東北メディカル・メガバンク機構、日本製薬工業協会、ウェアラブルデバイスの実装によるデータ取得を目指した共同研究を開始

    【発表のポイント】
    ・株式会社MICINと国立大学法人東北大学東北メディカル・メガバンク機構、日本製薬工業協会は、2020年10月20日に共同研究の契約を締結し、東北メディカル・メガバンク計画のコホート調査におけるウェアラブルデバイスの実装を目指した共同研究を開始しました。

    ・ウェアラブルデバイス実装を実現することで、生活習慣に関する客観的かつ経時的なデジタルバイオマーカーデータ取得を可能とする研究が加速されます。それにより、生活習慣とMRI画像データなどとの関連性調査を更に進展させ、革新的な医薬品・医療技術の更なる創出を進めて参ります。

    【内容】
    株式会社MICIN(マイシン、代表取締役:原聖吾、以下、MICIN)と国立大学法人東北大学東北メディカル・メガバンク機構(機構長:山本雅之、以下、ToMMo)、日本製薬工業協会(会長:中山讓治、以下、製薬協)は、2020年10月20日に共同研究の契約を締結し、ウェアラブルデバイスの実装によるデータ取得を目指した研究を開始しました。

    ToMMoと製薬協は、個人の健康に影響を与える各種生活習慣のなかで睡眠、活動習慣と、脳MRI画像、認知・心理機能、生理学的検査を中心としたTMM計画(【参考】<東北メディカル・メガバンク(TMM)計画について>)の基盤データとの関連性解析を行う共同研究を2020年3月に開始しており、この共同研究においては、脳と心の健康調査への参加者を選択し、調査票情報を基にした睡眠、活動習慣等の解析を計画しています。
    これら調査票による生活習慣のデータはTMM計画基盤データとして非常に重要である一方で、参加者個々人の主観に基づいた回答であり、客観的・定量的な研究を行う上では限界があります。そこで、日常の生活習慣データを客観的・定量的に取得する手段として、近年、一般用または医療用として広く普及し始めているウェアラブルデバイスと呼ばれる身体に着用して情報を取得できる機器を活用することで、参加者の睡眠状態や日中の活動状態を手軽にかつ客観的・定量的にデータとして取得することを目指し、MICINとともにウェアラブルデバイスの実装検証を目的とした共同研究を開始しました。

    【研究計画の概要】
    共同研究計画の概要は以下の通りです。なお、研究期間は2021年3月までです。
    ○研究組織
    ToMMo
    製薬協および第一三共株式会社、大日本住友製薬株式会社、武田薬品工業株式会社、ヤンセンファーマ株式会社
    MICIN
    〇研究内容詳細
    TMM計画コホート調査参加者からのウェアラブルデバイスを用いた生活習慣データ取得実現に向けて、デバイス実装時の調査における各種オペレーション業務やセキュアなデータ取得および管理などのプロセスを評価する実用可能性調査を実施します。
    ウェアラブルデバイスについては、睡眠や身体的活動量を日常的に取得する手段としての将来的な可能性が示唆されています。脳と心の健康調査への参加者のうち、本研究参加時年齢が65歳以上でかつ本研究参加同意を得た方が参加適格基準となり、2020年12月14日に一例目登録、最終参加者の登録終了(2021年2月中旬を予定)までに、最大30例程度の参加登録を目指します。

GO TO INDEX GO TO INDEX GO TO INDEX