curon service curonプラットフォームを活用した
製薬マーケティング・メディカル支援サービス

curonプラットフォームを活用した製薬マーケティング・メディカル支援サービス

COVID-19の感染拡大を契機にして、患者の医療体験は大きくデジタルへシフトしつつあります。これをうけ、対面営業のオンライン化や、マーケティングのオムニチャネル化にとどまらず、ヘルスケアビジネスにも変革が迫られています。
対面診療とオンライン診療、オンライン服薬指導との密な連携が進むことで、患者は様々なデジタルタッチポイントを持つことになります。製薬企業にとって、新しい患者とのタッチポイントを活用することは、今までにない新しいビジネスを生み出すチャンスとも言えます。

MICINでは、自社が展開するペイシェントジャーニーに寄り添ったデジタルプロダクト群(オンライン診療サービス「curon(クロン)」、薬局専用サービス「curonお薬サポート」等)をベースに、製薬会社のマーケティング・メディカル支援を行っています。

タッチポイントのフロー図

製薬企業のマーケティングにおけるデジタルトレンド

  • 製薬マーケティングは、主なレバーとして、「患者発掘」「医師への情報提供」「患者の治療継続支援」を基軸に語られてきました。患者発掘はマス広告などによる疾患啓発施策、医師への情報提供はMRやWeb媒体を通じたディテールがスタンダードな打ち手になっている一方、患者の治療継続支援は、一部服薬記録アプリなどを出てきているものの、現状、支援が必要な患者層に十分に届けることができていない領域になります*。
  • MICINのデジタルプロダクト群(オンライン診療サービス「curon(クロン)」、薬局専用サービス「curonお薬サポート」等)はペイシェントジャーニー上に日本最大規模でのデジタルタッチポイントを有しており、幅広い患者に対し途切れのない治療継続の支援を展開することが可能です。
タッチポイントのフロー図

製薬企業のメディカルアフェアーズにおけるデジタルトレンド

  • 既存の臨床試験などの実験的な環境でのデータは、症例数や投与期間、除外条件の存在などにより、臨床下での医薬品の有効性・安全性を測る指標として限界が指摘されています。RWD(リアルワールドデータ)は、実臨床下で医師や患者の経験を網羅するデータが含まれていることが期待され、現在のデジタル化の進展により、今後より活用が期待されています。
  • MICINのデジタルプロダクト群(オンライン診療サービス「curon(クロン)」、薬局専用サービス「curonお薬サポート」等)は、デジタル問診機能や、ウェアラブル機器との連携を通じたRWD集積のハブ機能を有しており、実臨床下のRWEの構築を支援することが可能です。また、投薬等の治療法だけでなく、デジタル等による支援プログラムを組み合わせたアウトカムの改善を測定することも検討可能です。
タッチポイントのフロー図
NEWS

CONTACT お問い合わせ

お問い合わせは、お電話または予約フォームより受け付けております。
内容を確認の上、2日以内に担当者よりご連絡させていただきます。
*印の項目は必ずご記入ください。

CONTACTお問い合わせ

お問い合わせは、お電話または予約フォームより受け付けております。
内容を確認の上、2日以内に担当者よりご連絡させていただきます。
*印の項目は必ずご記入ください。

お名前
メールアドレス
企業名
部署名
お問い合わせ内容
メルマガ配信可否

プライバシーポリシーはこちら